【難聴あるある!】其の十二

さて、本日も引き続き、難聴あるある!編の続き。

・遊園地とか会場内での放送が聞こえない!

これはこないだ、アンパンマンミュージアムに遊びに行ったときに思ったので、記憶の新しいうちに書いておくことに…笑


例えばデパートの迷子放送やバーゲンのタイムセールの放送なんかももちろんですが、遊園地だったり、アンパンマンミュージアムみたいなところでも、○○時からパレードやります~とかイベントやります~みたいな放送が流れているんですね。

私の場合…そもそも放送がかかっていることが分からない!

ごくまれに放送がかかっていることが分かっても何を言っているのかまったくわかりません…!

たまに静かなところで、お??放送?!と思ったら音楽だったり。笑

4631479189342

たいてい「大事なこと」だったり、「興味のあるような放送」であれば一緒に行っている人が放送に気が付いて「ユカコー。○時からパレードらしいで!見に行くー?どうするー?」とか聞いてくれます。

そこで初めてあ!イベントあるんや~!と知ったり。

何かの事故や理由で混雑している場合等も、「今○○分待ちらしいで~やめとこっかあ??」とかそういう風に教えてもらって初めて気が付きます。

改めていまでもやっぱり放送ってすごく使われているんだな~。笑


もし、私1人で行っていたら絶対こういうイベントがあったことすら、気づいていないまま家に帰っているだろうなあ~と思います。もしくはイベントが始まったのを見て初めて気が付く・・・。

こういうところが難聴者が情弱(情報弱者)になってしまう部分です。

もし難聴者同士で遊びに行っていたら…例えばパレードがあったことすら知らないまま帰ってしまうこともあるかもしれません。


そしてお次はこちら!

私、SUBWAYが割と好きなのですが…

でもこのお店ってファストフード店の割に結構会話が多いんです!!
なのでこういった店みたいなところだと、初めて行くときや久しぶりに行くときはいつも緊張してしまいます。

4631480593496

例えばSUBWAYだと、

・店内か、テイクアウトか
・メインメニューを何にするか
・パンの種類を何にするか
・パンをトーストするかどうするか
・野菜はどうするか、全部載せるなら嫌いなものは?とか

・・・・と本当に色々聞かれるんですね!
その分こちらの要望も言いやすく、野菜多めで!とかオリーブ抜いてくださいとかそういうことを言えるのが売りです。

 

とはいえ、ファストフード店なんかはとくに「パターン化」しているので

聞かれることのパターンを覚えてしまえば、そのパターンが変わることはあまりないので、聞こえていなくても受け答えはなんとかなります!!笑

ただ初めて行くお店とかだったり、パターンを忘れていたりすると結構ドキドキします。笑

皆がみんな顔を向けて話してくれるわけではなく、下を向いている人も多かったり、結構作業しながら質問を投げかけたりしているのでこちらが注意していても、結構口が見えづらい事が多いんですね。

 

飲食店のレストランだったりでも、結構オシャレな店とかだと説明があったりすることも多いじゃないですか??サラダバーの説明だったりとか。

そういう時は「ん?今なんて言ったんだろう?」とか思うときもけっこうあります!こないだ渋谷へシュラスコを食べに行ったときも、「赤い札を起こしているときはお肉が来ます~黄色を起こしているときはパインが・・・」みたいな感じでいろいろ説明があったのですが会場が暗かったのもあって結構わかりにくかったです~。

 

なので、聞こえない人って結構悪気なく説明されていたことをスルーしていたり、店員さんが怪訝な顔をして初めて、あれ?なんか言ってたのかな?って気が付いたりすることもあります!

なので、結構聞こえない人って飲食店だったり、外出先で地味~~に困ってることって多いと思います。笑

個人的に解決策は、慣れと開き直り。

色々なところに外出して、いろんなパターンを知るくらい、行き慣れてるとなんだかんだで受け答えも慣れてきます!経験則。笑


というお話でした~!

余談ですが・・私がSUBWAYに初めて行ったのはアメリカのフードコートでした。
聞こえないし、更に英語も壊滅的にできない私はどうすればいわからなかったのですが、向こうの人は「なんでこいつこんなに英語できないねん!!」みたいな呆れ顔で全部実物を見せながら説明してくれました。おかげさまで無事買えました。。。笑

日本ってたいていハーフサイズが普通なのですが、アメリカは1本で出ることが多いようで、なんとまるまる1本(フットロング)が出てきました…めっちゃでかい・・・w
さすがアメリカ!!と驚いたのですが、その後、日本に帰国して初めてSUBWAYに行ったときは「パン、ちっちゃーー!!」とびっくりした記憶があります。笑

実はこれがインパクトに残っていて帰国後、SUBWAYが好きになった私です。