新生児聴覚スクリーニングついて言語聴覚士が徹底解説!

新生児聴覚スクリーニングでリファー(要再検査)となった場合に心配になるかと思います。そもそも新生児スクリーニングとは何か?といったことからお話していきますね。

新生児聴覚スクリーニングとは?

新生児聴覚スクリーニングは、通称「新スク」と呼ばれ、できるだけ早期に難聴の有無を発見するために赤ちゃんに行う聴力検査のことです。
先天性の難聴は1000人に1人の割合で生まれると言われています。難聴に気付かないまま過ごしていくと、ことばの発達が遅れるとともに、コミュニケーションの困難も生じてしまう可能性が高くなります。
早期に難聴を発見し、お子さんやご家族それぞれに適切な支援を行うことによって、赤ちゃんの発達を助けることができます。
しかし、赤ちゃんの聴力は通常の聴力検査で診断することが困難です。そこで、他覚的検査(下で詳しく述べています)を用いて難聴の有無の可能性を探る検査を赤ちゃんが生まれた産婦人科や耳鼻咽喉科で行います。

新スクはどこで行う?

新生児聴覚スクリーニング検査はお子さんが生まれた産婦人科や助産院、大きな病院の新生児科やNICU(小児集中治療室)でにおいて行われます。

入院中の実施多いですが、1 カ月健診時に行われる施設もあります。出生直後は中耳に羊水が残っていて検査結果が悪くでることもあります。

検査の流れ
①初回検査(出生後 3 日以内)

②再検査(生後1週間以内) パスしなかった場合

※NICUに入るお子さんは、全身状態が不安定で聴覚スクリーニングを行うことが難しい場合もあります。そういったときには、全身状態の安定を待ってから行う病院が多いです。

新スクの方法は?

新生児聴覚スクリーニングの方法には大きく分けて2つあります。
多くの病院で取り入れられているのは、AABRです。

AABR(自動ABR)

 現在、新スクで主に用いられている方法は自動ABR(AABR)です。
以下のような機械を用いて検査します。現在も各メーカーから色々な機器が登場しています!

AABRは自動ABRという名前の通り、ABR検査の判定を自動化したものです。ABR検査は脳波を読み取って聴こえについて判定するためある程度の経験がないと判定が困難でした。

また、検査時間が長く赤ちゃんにお薬を飲んで眠ってもらったり、外部の音を遮断するために防音室に入って行う必要がありました。ですが、AABRはある程度静かな場所であれば、赤ちゃんが眠っている数分間にベッドサイドで実施することができます。これによってお薬を使用する必要もないので、赤ちゃんへの負担を軽減することもできます。

35dBの音(ささやき声くらいの大きさ)を赤ちゃんにきかせ、「正常(パス)」・「要再検(リファー)」の2つに判定されます。ここで「リファー」=「要再検査」となった赤ちゃんは再度確認の検査をしたり、精密検査としてAABRやASSRという検査を受けることになります。
ここで注意していただきたいのは、「新スクでリファー=難聴」ということではない、ということです。
新スクでリファーが出る確率は実際に難聴と診断されるお子さんよりも高くなります。見落としてしまうくらいなら、しっかりと検査してより確実に難聴を早期発見できるようにしようというスタンスだと思われます。
東京女子医科大学のチームが行っている新スクの調査では、約1万例のうち新スクでリファーとなったのは40例、そのうち両側性難聴と診断されたのは12例だったようです。→参考

自動OAE(自動耳音響放射)

耳音響放射では、内耳の蝸牛にある「外有毛細胞」という細胞の働きを検査します。蝸牛には、「内有毛細胞」と「外有毛細胞」という二つの細胞があり、この細胞が音刺激を聴神経へと運びます。
内有毛細胞は大きな音に、外有毛細胞は小さな音に反応するように役割分担して動きます。
OAE検査は主に下の図のような機器を使用して行います。
OAEはAABRとは違い、脳波を測定するものではありません。
赤ちゃんの耳にプルーブという耳栓のようなものを挿入し、そこから音を出します。その音が聞こえて外有毛細胞が動くと、蝸牛から別の音が出てくるという仕組みがあります。この蝸牛から出てくる音があるかないかを測定する検査です。
この反応が見られれば、少なくとも40dBの聴力はあると考えてよいとされています。

ですから、このOAEでの反応が得られない場合は、中等度以上の難聴がある可能性が考えられます。

 

ですが、赤ちゃんの場合は、生まれて間もない間はお母さんのおなかの中にいたときの名残で羊水が耳の中に残っており、OAEの反応が得られないこともあります。その可能性を少しでも避けることを考えて、生後2~3日後を一つの目安として新スクを実施することとなっています。

以上のような、新生児聴覚スクリーニングで「パス」(通過)の判定が出た場合は「聴覚障害なし」ということで、そのまま次の検診へ進むことになります。

新生児スクリーニング検査で「リファー」(要再検査)との判定が出た場合

厚生労働省は、新生児聴覚スクリーニング検査の実施についての基本的な流れを示しています。
(2018年11月時点の東京都の場合)
  • STEP.1
    初回検査
    実施時期:生後3日以内
    費用:公費(負担額なし)
    実施方法:AABR(自動ABR)ない場合は、自動OAE
    リファー(要再検)の場合はSTEP2に進む
  • STEP.2
    確認検査
    実施時期:生後1週間以内
    費用:公費(負担額なし)
    実施方法:AABR(自動ABR)ない場合は、自動OAE
    リファー(要再検)の場合はSTEP3に進む
  • STEP.3
    精密検査
    実施時期:遅くとも生後3か月以内
    費用:公費助成(各市町村で整備されている「乳幼児医療助成制度」の範囲内)
    実施方法:ABR(聴性脳幹反応聴力検査)・ASSR(聴性定常反応聴力検査)・COR(聴性行動反応聴力検査)
    ここで難聴だと判断された場合はSTEP4に進む
  • STEP.4
    早期療育開始
    早期療育のスタート

東京都の場合、精密検査を受けられる場所は13病院!

東京都の場合、以下の医療機関が精密検査を実施しています。
■神尾記念病院 
101-0063
千代田区神田淡路町2-25
■慶應義塾大学病院 耳鼻咽喉科
160-8582
新宿区信濃町35
■国際医療福祉大学三田病院 耳鼻咽喉科(聴覚・人工内耳センター)
108-8329
港区三田1-4-3
■国立成育医療研究センター 耳鼻咽喉科
157-8535
世田谷区大蔵2-10-1
■虎の門病院 耳鼻咽喉科
105-8470
港区虎ノ門2-2-2
■順天堂大学医学部附属順天堂医院 耳鼻咽喉・頭頸科
113-8431
文京区本郷3-1-3
■昭和大学病院 耳鼻咽喉科
142-8666
品川区旗の台1-5-8
■帝京大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科・聴覚言語センター
173-8606
板橋区加賀2-11-1
■東京医科大学病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科
160-0023
新宿区西新宿6-7-1
■東京慈恵会医科大学附属病院(本院) 耳鼻咽喉科
105-8471
港区西新橋3-19-18
■東京大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科・頭頚部外科
113-8655
文京区本郷7-3-1
■東京医療センター 耳鼻咽喉科
152-8902
目黒区東が丘2-5-1
■日本大学医学部附属板橋病院 耳鼻咽喉科
173-8610
板橋区大谷口上町30-1
(日本耳鼻咽喉科学会HPより、2018年時点)
次回は
新スクでリファーになったあとの、精密検査の方法について記載していますのでぜひこちらもご覧ください!

いしだあや

デフサポの言語聴覚士(ST)
専門知識を生かして、皆さんにとって不安なことや、ことばの教え方などのバックアップをします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。