難聴者と英語:聴覚障害があっても英会話や、ドイツ語はできる?!【デフサポちゃんねる】

ユカコ

こんにちは!デフサポ代表のユカコです。今日はウチの会社でインターンをしていてドイツから帰ってきたゆうりちゃんと一緒語学の話をしたいなと思います!

日本語でも聴き取りにくい音はある?

ユカコ:今日はいっぱい質問をしたいなと思っています!まず語学の話以前に、そもそも日本語はどうだったのかというのを知りたくて。日本語の発音は結構キレイと思うねんけど、苦手な発音ある?

ゆうり:ある。

ユカコ:ホンマに?私は例えば”つ”とか”す”が苦手なんやけど、ゆうりちゃんは例えばどんなのが苦手?

ゆうり:私はさ行“とか「さしすせそ」の“そ”に濁点 の“ぞ”とか。あと“ら行”も苦手です。あと前回のYoutube動画を見たら、私も「たちつてと」“つ”が苦手ということがわかりました。

ユカコ:良いんだか悪いんだかやけど、やっぱそうなんやぁ。じゃあさ、日本語もウチらは苦手な発音があるわけやん。私は英語の発音はすごく難しかったし、何なら中国語の発音は全くできへんかってんけど、ゆうりちゃんは英語の発音はどうやった?苦手なのとかあった?

ゆうり:もちろんあって、RとかLとか苦手。ドリンクとか出た時にサイズがあるじゃないですか。MかLかっていう。その時によく聞き間違えられるというか。

ユカコ:自分が言った言葉が伝わらなくてってことね。難しいよね。

現地でドイツ語が伝わらなかった悔しさ。そしてリベンジ!

ユカコ:ドイツに留学したってことはドイツ語の発音を練習するわけやん。結構伝わるものなの?

ゆうり:最初ね、もちろん伝わらない。

ユカコ:え?現地に留学して伝わらなかったことってあるの?

ゆうり:もちろんある。

ユカコ:どういうのが伝わらへんかった?

ゆうり:ドイツってクリスマスマーケットがあるじゃないですか。

ユカコ:うん、なんかイメージある有名なイメージがある。

ゆうり:クリスマスマーケットで有名なドリンクでグリューワインってあるんだけど。暖かいワイン。それのほかにリンゴのワインがあって。リンゴのワインで発音は「Apfelwein(アプフェルヴァイン)」。

ユカコ:おー 難しい。

ゆうり:(Apfelwein) pfのところでプゥッって言うんですよ。それが私 最初言えなくって日本語みたいな感じで普通にタンタンタンと、アプフェアリって言ったんですよ。そしたら伝わらなくって。

ユカコ:それはもう「わかんないあんた」みたいな感じで言われちゃうの?

ゆうり:ドイツ語でわからないって聞こえて「うーん!」ってなって、もういいですってなって。私も何回も言うんですよ。アプヘルって。日本語で頑張って言うんだけど、わからないって言われて。

ユカコ:そうなんやぁ

ゆうり:店員さんも嫌な顔されて、超悔しくて。他のドリンクを頼んでその友達に伝わらなかったーって言ったら、その友達がそれはね「プップッ」って教えてくれて

ユカコ:それはドイツ人の友達なの?

ゆうり:ドイツの友達に教えてもらって、自分も何回も練習してまた別の機会にリンゴのワインを頼む機会があったから今度こそは!と思ってアプフェルヴァインって言ったらアーオッケイ!みたいな感じで伝わって。

ユカコ:出してくれたの?めっちゃ嬉しいー!

ゆうり:やったー!って思って

ユカコ:それは嬉しい。

ユカコ

リンゴのワイン、おいしそう

ゆうり

そう、おいしいのー。

ユカコ

甘いの、それ?

ゆうり

あまい。あまくってちょっと苦みもあって。

ユカコ

飲みたい!今度持って帰ってきて(笑)

ゆうり

是非ドイツに行ったら飲んでください!

外国語習得のモチベーションはどこから?

ユカコ:英語とかドイツ語とかって日本語と全然違うから発音って難しいじゃん。私たちの場合は耳聞こえへんわけから、日本語もある程度難しいわけじゃん。自然と知らずに取得しているとはいえ、みんなみたいには喋られへん部分っていっぱいある。その中で英語とドイツ語やろうと思ってしかも発音が伝わるまで頑張るって思うとすごいなと思っていて。

ゆうり:いやー。

ユカコ:逆に私は前にもちらっと言ったんだけど、英語でウォーターって発音すると「ワラー」。たぶん水をワラーっていうのが良くわかんないんだけど、伝わらなくってみんなにワラーって言ったら伝わるからって言われて。全然コーラが出てくるし、わけわからんことになっていて、すごい悔しかったのね。

ユカコ:悔しかったんだけど、そこでモチベーションがガーンって下がって「日本語で生きて行く!」みたいに思ったの。その時は大学生ぐらいやってんけど、もうやりませんってなった。逆にそうやって伝わらない経験もしながら頑張ろうっていうモチベーションとか、そこで頑張れたのはなんでなんやろう?

ゆうり:やっぱりそれは色んな人と会話したいから。でも会話するとなると、自分もね、話せるようにならなきゃいけないから。

ユカコ:会話したくて頑張って、そこはモチベーション上げてみたいな感じか。すごい!実際に会話はできるようになったん?

ゆうり:なってない。最初は難しい。相手に私が言いたいことは伝わる。でも相手が言ってることを私が聞き取れていない

ユカコ:聞き取りの方が難しい?

ゆうり:そう、聞き取るのが難しい。やっぱりちょっとつまずくし、短いコミュニケーションで終わっちゃう

ユカコ:簡単な基本のドイツ語ね。

外国語習得のコツ①予測変換

ユカコ:その後は留学している間に聞き取れるようになってくるものなの?

ゆうり:ゆかこさん、前回のYoutubeで「日本語を話す時は読唇術よりも予測変換」っていう話をされたじゃないですか。それ、英語もドイツ語も一緒で。

ユカコ:いかに単語を知っているかが大事なんや。語彙とか。

ゆうり:そうそうそうそう。だからいっぱい単語覚えて会話していくなかでも全部が聞き取れているわけじゃなくて、ポイントだけ聞き取って、聞き取れたところだけ自分の頭で組み合わせてこういうことね」って返すという感じ。

ユカコ:予測変換もコミコミで。

ゆうり:そうそうそうそう

ユカコ:やっぱり聞き取れるようにはなってくるんだ。最初は穴がボコボコ開きまくっていたのが、だんだん穴が小さくなってくると言うか。全部聞き取れはしないけど。ある程度の会話が成り立つまで聞き取れるようになるのは、留学してからどれくらいの期間かかった

ゆうり:半年ぐらいかかった。

ユカコ:でも半年で分かるようになるんだ。すごくない?

ゆうり:そうかな?でも聞こえている人たちは3か月とか4か月ぐらい。

ユカコ:私からすると聴覚を活用をしていなくて、口を見ている。口で読み取るのはさ、結構自信ないんだよね。英語の口を読み取るのってたぶん語彙力がいると思うし。ただ日本語みたいに同音異義語が少ないから、そういう意味では頑張れば行けるかなと思ったことはあるんだけど。口を読み取るにはまず語彙力がないとあかんし。色々難しいちゃうんかなと思うねんけど。半年でできるし、他の聞こえる子が3,4か月だとしても、半年でわかるってことはさ、聞こえる子と同じじゃんってなるんだけど、私から見てると。人工内耳しててもさ、聞いてるわけでしょ。一応ドイツ語もさ。で、しゃべれるわけじゃん。聞こえる人とどう違うか全然わからへんけど。

ゆうり:ないない。ゆかこさんもそうですよ。

外国語習得のコツ②視覚情報から入る

ユカコ:日本語に関しては近いかも知らんけど。第二言語とかそういうのはどう?どうやって覚えたのかなって思って。聞こえる人とどこが違うと思う

ゆうり:聞こえる人は自然に耳で聞いてるから、会話していく中でアクセントとかイントネーションを自然に聞いて自分の中で発声・発音できるんだけど、私の場合は聞こえにくいから意識していかないと難しい。

ユカコ:すごい集中して頑張っていかなあかんのや。

ゆうり:例えば相手が一度言われたことを全部わかる感じ。まず最初に視覚情報として目に見えるようなことを見て、相手が言ったことを確認するみたいな。相手が言ったことはこういうことかってそこでマッチするんですよ。

ユカコ:じゃあ文章が書いてあってそれを見ながら聞くって言うのが一番わかるってことだよね。それで耳に音を覚えさせていって。なるほどね、そういう感じで覚えているんだ。イントネーションとかアクセントも視覚から覚えている感じ?

ゆうり:うん、そうそう。アクセントもイントネーションも書いて視覚で見て、ここは強く言うとか

現地ではゼロから再スタート

ユカコ:ちなみにちょっと話がそれるんやけど、日本でもすでにドイツ語の勉強をしてから行くじゃん?その時に日本人がしゃべっているドイツ語とネイティブの先生がしゃべっているドイツ語はやはり違う

ゆうり:違う違う!

ユカコ:そうなんやそれはわかりやすさが違う?

ゆうり:なんかね、日本人が話してる方が聞きやすいの。なんでかと言うと日本語に近い。ネイティブの人は母国語だからちょっと違うの。イントネーションみたいなアクセントでも。

ユカコ:やっぱわからないもんだからそこで差はでるんやな。

ゆうり:でるでる。だから私が日本でドイツ語と英語を学んでも、学んだことを今回ドイツで活かせるかってなると活かせられない

ユカコ:結局0からみたいな感じ?

ゆうり:そうなの。0からもう勉強して

ユカコ:単語とか語彙力とか文法はよかったけど、聞き取りと喋る方はやっぱり違うんやぁ。

ゆうりちゃんオススメの勉強方法とは?

ユカコ:私、ホンマにすごいなと思っているのが、英語もドイツ語も勉強しようと思ったわけじゃん?その勉強方法を教えてほしいなと思って。私は英語を勉強し直したいなと思っていて、良い方法があればと思ったんだけど。

ゆうり:私の場合はディズニー映画を観ました

ゆうり:ディズニー映画って字幕があるんですよ。最初に字幕は日本語、音声は英語で観て、2回目の時に英語の字幕とちょっと日本語の音声で観て、3回にどちらも英語で観る。最終的には役者になりきってセリフを言えるようになる

ユカコ:おーカッコイイ!全部で何回ぐらい観たの?同じ映画を3回で終わる?

ゆうり:4回です。

ユカコ:4回で言えるようになる?

ゆうり:でもね、4回では難しい。何回か繰り返して見ています。

ユカコ:そういう話聞いてるといいなって思うねんけど、私も子供がディズニー好きなの。ディズニーの映画を見んねんけど、今まだ下の子が小さいから、例えばチップとデールとかトムとジェリーみたいなのとか見んねんけど。トムとジェリーとかも初めて英語の字幕見てみたんだけど、ホントに fo(エフ・オー)でFooooooo~!っていうのだけでさ。これ勉強にならなかったと思いながら見てたのね。

ユカコ:ゆうりちゃんが言ってるのはもっとあれやんな。プリンセス系とかそういう系。オッケイ オッケイ。それを見て改めて勉強しようかなって思っていて、ただ難しいのが口の形は見えへんやん

ゆうり:そうなんですよね。

ユカコ:だからドラマのほうがいいかなと思って。ドラマって海外ドラマとかあるじゃん?私 ワイルドスピードがすごい好きで、ワイルドスピードから覚えようと思ったんだけど、ネイティブの友達に「ワイルドスピードは言葉が悪いからやめた方が良いよ」って言われたの。覚えるべき表現じゃないときも結構あるらしくって。

ゆうり:日常生活ではあまり使わないような表現?

ユカコ:なんか「クソッタレ」みたいなたぶんそういうのが出てくると思うねんけど、そういうのが多いからあんま使わへんよとか言われて。だから使うにしてもユカコの顔と雰囲気とその 出てきたらビックリするとか言われてそうなんやぁと思ってなんか良いドラマとか見つけたいなと思っていて。私 今のところプリブンブレイクとワイルドスピード 結構アクション系ばっかりやから、そういう系じゃないやつをちょっと探してみたいなー。

ゆうり:でもアクション系だったらゆかこさんのイメージに合ってるから(笑)

ユカコ:ホンマ?今度覚えてみる?確かに日本語と英語と両方見ながら映画とか見るのが良さそうやから、真似してちょっと一本見てみようかなって思います。

ゆうり:いいと思います!

ユカコ:というところで今日は語学の話をしてみたんですけどまたこれからもゆうりちゃんに出てもらおうと思ってるのでこんなこと聞きたいとかあればぜひ!

ゆうり:ぜひ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。