【難聴あるある!】其の十四

さて、本日はJRにあるみどりの券売機のお話。

最近どんどんバリアフリー化&システム化が進んできていますが…


チョーット惜しいなあ~ということが多いです。笑

というわけで本日はこの間初めて体験した緑の券売機プラスについてのお話!

4643406775739

身体障害手帳2級・1種を持っている私の場合、100キロを超える距離の普通運賃を買う場合は半額になります。※特急料金には適用されません。

なので、いつも東京⇔大阪の新幹線のチケットは少し割引になるので、みどりの窓口で買っていました。

ただ結構みどりの窓口ってすごーーーーーく並びます・・・!

しかも新幹線のチケットを変えるみどりの窓口ってターミナル駅に限定されており、忙しいときにわざわざターミナル駅まで行かなきゃいけないし、普通の人のように券売機で買えなくて不便でした。当日買うこともすごく多かったのですが結構時間を取られていました。


ある日、JRであれば小さな駅でも購入できるという話を聞き、近くの小さな駅に買いに行きました。

そこに行ったらJRの窓口で対応してくれると思いきや・・・「隣にあるみどりの券売機プラスをご利用ください。」と言われ、なにこれーー?!?!ハイテク♡これからはみどりの窓口並ばなくていいならうれしい~~!とわくわくしながらチャレンジしてみました。

しかーーーーーーーーし。

 

こんな感じの流れなんです。

①呼び出しボタンでオペレーターを呼出
(この時点でまず呼び出せない・・)

②オペレーターが音声で案内
(え!字幕とか何もないの!確実に答えられない…)

③カメラで身体障害手帳を見せる

④問題なければ支払&発券


そもそも、第一段階の時点で難聴者には超ハードルが高い!!!!!どうやって呼び出すの?どうやったら呼び出されて対応してるってわかるの?って感じです…。

そして無事呼び出せたのもつかの間、

4643407863959

・どんなご用でしょうか?
・何時からの新幹線にしますか?
・あいにく隣同士の席は空いておらず、、、○○分と、○○分であればご用意できます。
・窓側と通路側どちらがよろしいでしょうか?
・・・

とこちらの希望と、向こうの満席具合であったり、空席情報を

”音声”で教えてくれます。

一応画面にね、新幹線の時間とか出たりするのですが、ほぼほぼなんて言ってるかがわからないのでついていけませんでした。

(※この時はすべて主人が受話器を取って対応しました。)

 

 

で、その後、”音声”で身体障害手帳を指定の位置においてください。ハイ、確認させていただきました・・・という流れなのですが

最後まで9割音声案内でした。。。聴覚障害だとも伝えたのですが・・・💦

結論から言うと聴覚障害者には向いていない!!です。

せっかくのみどりの券売機プラスなのにもったいない~~!

オペレーターの映るカメラがあるので、字幕なり、テキスト表示ができればそれだけで難聴者にも使えるのにな~~と思いました。

 

4643408522599

というわけで今回は残念だったけど…、
私は・・・これからに期待したいと思います!しばらくはみどりの窓口だなあ・・・(´;ω;`)

願わくば、マイナンバーも導入されたことだしうまく使えば券売機で手帳ナンバー確認とかそういうのが出てほしいな~~と思います^^
今後、ネットで手帳&マイナンバー確認等で対応できたりするようになるとすごく便利だな~~と思っています♪

3 Comments

ユウ

難聴児を育ててる難聴ママです!

私もずっとインテで育ってますが、その時の教育方法等を親に聞くことが不可能なので、ユカコさんのブログをいつも参考にさせて頂いてます^^

難聴あるあるで思ったのですが、中途失聴&難聴者皆の共通の悩みとして健聴者の飲み会で会話がわからない!というのがありますよね。ユカコさんは会話に入れたりしますでしょうか?

私は読唇も出来ますが、声にもある程度頼っているからか健聴者の飲み会は苦手です、というか何を話してるのかホントにわかりません(><;)
成人して難聴の友達がたくさん出来、手話も覚えて同障者との飲み会で心置きなく会話出来て、飲み会の本当の楽しさを知った気がしました。

ユカコさんは横を向いてても口が読み取れると、前にブログで書いてらっしゃったので凄いと思いました☆
騒音とか、複数人での会話とか、環境にはあまり左右されない感じでしょうか?

返信する
yukako

ユウさん

承認&お返事が遅くなってしまい大変失礼しました。
インテで育っていらっしゃるんですね!お仲間ですね!♪

お子様も難聴児なんですね!どのくらいの聴力なのでしょうか?
聴力が違うとまた育て方とかも違って難しかったりしますよね💦

たしかに健聴者の飲み会で会話がわからない!とかはあるかもしれません。私の場合は最初から加わっている会話であれば入れますが、途中からはやっぱり入れないです・・💦(隣とかで盛り上がったりして話がそっちに流れると)え!?何の話~!??と結構聞いちゃってます。

声にも頼ってらっしゃるんですね!逆に私は声は全くダメなのでうらやましいです~~♪難聴のお友達との飲み会で心置きなく会話できたっていうのも素敵ですね✨

そうですね、横を向いていても口が読み取れるので割と複数人の会話も大丈夫です。騒音は全く関係ないですね(耳をほぼ全く使ってないので…)
ただ、飲み会だったり、大人数で過ごすのに慣れているからというのもあるかもしれません。とはいえ…例えば右隣と向かいの人と話してたら、そっちの話はついていけても、左隣の人の会話は全く分からないです~~💦

ユウさんのお話もいろいろ聞いてみたいです♪なんか”難聴”って人によって本当違いますよね~!

返信する
ユウ

お返事ありがとうございます。

本当にそうですね!

一般的には軽・中度、高・重度難聴と一括りにされがちですが、聞こえのレベルは手帳の等級だけでははかれない複雑さがあり…同じdBでも個人差が結構ありますよね。

複数人の会話もついていけたりするとのこと、それだけ読唇術に長けてらっしゃるんですね(*^^*)途中から会話に加わる時は何の話〜?とどんどん聞けるのも羨ましいです‼︎

私は正面からでないと読唇は難しいので、、話が分からないととにかく飲んだり食べたりしまくってます。それで酒が強く大食いというイメージがついてしまったりするのですが(笑)

ちなみに子供の聴力は90dBを僅かに切るぐらいです。なので耳も活用していますが、成長したら多かれ少なかれ何らかの悩みは抱えると思います。

子供には健聴の世界と難聴の世界、両方の世界で上手くバランスを取って充実した人生を送って欲しいと願っています。2つの世界に属せたら人との出会いも二倍、気の合う人と出会える確率も二倍、ですしね♪^^

ただ私も色々経験してますので、ユカコさんが仰る通り最初の間口は広く、後は柔軟に対応していくことが大事だと思います。

ブログの更新楽しみにしています☆

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。